2008年12月アーカイブ

初めて手に取った時の感想:重いw
食べた後の感想:やっぱり重いwww(別の意味で)

どうやら、普通のハンバーガーの7倍以上の肉量があるらしい。
そりゃ、重いわけだ。
メガマックと比べても(肉だけなら)約1.9倍だし。

味のほうは……良くも悪くもマクドナルドだと思いました、主にケチャップが。
とりあえず、タマネギ(普通よりかなりでかい)の食感だけは褒めておく。
クォーターパウンダー~ベーコンバーベキュー~ってのも試験販売してたようなので、機会があれば食べてみたいかも。

まあ、今日で(親に貰った)株主優待券を使い切ったので、次食べるとしても早くて来年ですが。

あと、いろんな意味で話題になってるクォーターパウンダーだけど、この騒動も含めてマーケティング戦略だったんじゃないでしょうか。
少なくとも自分は今の騒動が無かったら、このタイミングでは食べなかった。

……どう考えてもターゲットが狭過ぎですw
ちなみに「日本UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口」です。

実際の手順
1.UNCHRでぐぐる
2.もしかして: UNHCR
3.UNHCRで再検索、UNHCR JapanをクリックしてUNHCR Japanのサイトへ
4.「今すぐご寄付」をクリックして、日本UNHCR協会のサイトへ
5.もう一度「今すぐご寄付」をクリックして「Edyから」を選択
6.ここでおもむろにUSBポートにpasoriを挿す
7.寄付金額を入力して次へ進む
8.寄付金額を確認して次へ進む
9.Edy Viewerが自動起動、Edyを財布から取り出しセット
10.確認してOK
11.シャリリーン♪でおしまい。

けっこうのろのろ動いたんですが、所要時間は、ほぼぴったり1分でした。
自宅にいながらにしてこんなことができるとは素晴らしい時代になったものだと思います。
4~5のプロセスはユーザビリティ的にどうなのよって感じ。
ちなみに数日前に寄付の手前までの手順は確認した上で作業してます。

寄付額
約5人の難民の1日分の食事ぐらい。
あるいは、水を汲む容器1個ぐらい。

どうして寄付したのか
別に崇高な目的があったわけではありません。
今までEdyはANAマイレージクラブ Edyカードで使っていました。
が、ANAでマイルを貯めていても有効期限までに特典に交換できそうにないので、Exitしたいと常々思っていました。

そこでおさいふケータイですよ。
Edyを使えばauポイントが貯まるですよ。

というわけで、元々機種変したいと思っていたこともあり、先週ついに機種変を実施。
ANAのEdyカードに余った残高は寝かせてもあれなので、年末だし寄付でもしてみようかと思った次第です。

どうせ寄付するならウィキメディア財団か、難民教育基金(日本UNHCR協会が募金窓口務めてますが)のほうが出来れば良かったんですが、どうやらどちらもEdyによる寄付は受け付けてない様子。
「生き方を変える」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。
(中略)
『生き方を変えた』なら、使ってもいいッ!
なんてどこかの兄貴に怒られそうですが、まじめな話。

まあ、この記事に感化されたわけです>ネットに時間を使いすぎると人生が破壊される。人生を根底から豊かで納得のいくものにしてくれる良書25冊を紹介 - 分裂勘違い君劇場
どうでもいいけど数えたら28冊あったけど、上下巻を1冊として数えたらやっぱり25冊でした。
さらに余談ですが、25のうち自分が読んだのは3冊で、そのうち2冊がニーチェ(「善悪の彼岸」と「道徳の系譜」)。
ニーチェは良いものです。(ちなみに25冊中5冊がニーチェ関係でした)

自分はネットの他に「ちょびっとだけ」本も読んでいますが、リアルの人生が(仕事を含めずに考えると)ほとんど存在していない位の状況に自分がいることに気づいて愕然としました。
そんなわけで、ネットに費やす時間を減らし、良書に親しむ時間を少し増やし、リアルの生活を充実させようと思う今日この頃です。
あーあと、ネットでも最近は受信ばっかりで送信というものを全然していないので、その辺も多少頑張ろうと思う。
とりあえずはここ数ヶ月で読んだ本のレビューとか。

ってまあ、こんな話をブログに書いてるのがそもそもどうなのかって気もするけど、これもまあ発信の一環ということで。

定額給付金

| コメント(0) | トラックバック(0)
テレビの給付金批判に抗議殺到 - 愉快痛快(^_^)奇奇怪怪(*_*;)へのトラックバックです。

この話、世論調査(6割が給付金は不要と回答)のほうが、より国民の意見を代表しているんじゃないかと思うけど、どうでしょう。

テレビでワイドショー見てて抗議の電話をする人達なんて、物凄く偏った層なんじゃないかと。

まあ、自分は反対です。 貰えることに決まったら貰いに行きますけどね。
結局、税金なので「貰う」って表現は微妙ですが。
徴税と給付のコストだけ無駄無駄無駄。

中国の就職難

| コメント(0) | トラックバック(0)
就職問題も中国はでけえ - 愉快痛快(^_^)奇奇怪怪(*_*;)へのトラックバックです。

元記事によると、中国の今年の大卒者560万人中170万人が就職先が無いらしい。
ちなみに、文科省の統計によると、日本の平成20年3月卒の大卒者数は54万人。
まあ、大変そうだけど、人口に占める当年の大卒者の割合って、もう日本も中国もそれほど変わらなさそうですね。
ちゃんと計算したわけじゃないけど。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。